個室だけではない!?レンタルオフィスにはフリーアドレスもあります

レンタルオフィスのサービスとは

レンタルオフィスは初期費用を抑える事が出来るメリットがあります。一般的なオフィスの場合、敷金や仲介手数料など高額な諸費用が必要ですし、オフィスを借りた後には業務が出来るようにするための各種工事を行うなども必要です。ネットや電話回線、照明類などの工事、フロア内に会議室を作る時などはパーティーションを設置するなどの工事も必要になって来ます。オフィス家具を買い揃える、コピー機などのOA機器を導入するなども必要です。その点、レンタルオフィスは必要なものがすべて揃っているので工事などをせずに業務を始められる、買い揃えるものがないなどのメリットを持っています。また、貸し会議室などの設備もあるので、会議を始め、顧客との商談の際にも活用出来ます。

フリーアドレスと個室の違いとは

レンタルオフィスの料金プランを比較していると、個室タイプとフリーアドレスと呼ぶタイプがある事に気が付く人は多いのではないでしょうか。個室は文字通り、自分達だけが一つの部屋の中で仕事をするもの、フリーアドレスは自由に席を選んで仕事を行うなどの違いがあります。料金的には個室の方が高くなりますが、フリーアドレスは隣に座っている人は他の会社、もしくは個人事業を手掛けている人です。仕事中に話しかける事はあまり良くありませんが、フリーアドレスでたまたま隣り合わせになった人が新しいビジネスパートナーになる可能性もゼロではありません。特に、一人で起業をした時や個人事業を行っている場合など、新たなビジネスがスタートする可能性もあるのではないでしょうか。

福岡の賃貸事務所を探しているなら、間取りや料金のほかに、交通アクセスもチェックしましょう。最寄り駅からの距離は特に重要なポイントです。