企業によるタイムカードアプリ導入のメリット!

今話題のタイムカードアプリとは?

タイムカードアプリとは、今までタイムカードで管理されてきた勤怠管理をスマートフォンやタブレットのアプリとして開発されたものです。従来のようにタイムカードや出勤簿を用いることなく、手軽にスマートフォン等で勤怠管理をすることができるため、多くの企業で導入が進んでいます。そこで企業としてタイムカードアプリを導入することにどのようなメリットがあるのかまとめました。

タイムカードアプリでコスト削減!

タイムカード等による導入コストやランニングコストは、企業の規模が大きくなるほど増加傾向にあります。但しタイムカードアプリの場合は、従業員が個々のスマートフォンにダウロードするだけで導入することができるため、コストはほとんどかかりません。勤怠システムによるコスト削減は企業にとっても大きなメリットになりますね。

適切な労働時間を管理することが可能!

タイムカードや手書きによる出勤簿を使用している場合、同僚に打刻や記入をしてもらうなどの不正を行うことが出来ます。しかしタイムカードアプリを利用した場合は、個人のスマートフォンやタブレットの使用が必須であるため、パスワードやGPS管理によって確実に不正行為を防ぐことが可能です。従業員の勤怠管理をきちんと行うことは、企業の生産性向上にもつながりますね。

ムダを減らして業務効率アップを実現!

従来のタイムカードや出勤簿による勤怠管理の場合、データの集計や残業時間の計算が必須でした。タイムカードアプリを利用した場合は、自動的に集計から残業時間の算出まで行うことができるため、それらに費やしていた時間を他の業務に充てることができ、より効率的に業務を進めることが出来ます。

タイムカードアプリを職場に導入すれば、効率的に勤怠管理を行うことができます。導入を検討している場合には、各アプリの特徴を見比べてから選択しましょう。