太陽光発電はどうなの?メリット4つを紹介

エネルギー自給率が高まる

太陽光発電では、自分の家の屋根などにソーラーパネルを設置して発電を行います。そのため、自分の家で使用する電力を自家発電にて賄うことが可能です。しかも、余った電気は売れるため、場合によっては儲かることもあるのです。また、自力で発電できますので万が一の災害時に停電があっても電力を確保できます。

電気代が安くなり、環境に優しい

一般的に太陽光発電を導入すると自分の家で使用する電力と同等の電力を発電することができます。また、太陽光発電ができない夜間については、安い深夜料金の電力を購入することができ、トータルとして電気代が安くなります。また、太陽光発電システムではCO2を輩出せずに電力が作れるため、環境にも優しいのです。

余った電気を売れること

太陽光発電で作った電気で、自宅で使い切れなかった余剰電力は、売電制度を利用して電力会社に売ることができます。また、2009年には売電価格がそれまでの約2倍に引き上げられ、電気を高く売ることが可能になり儲かるようになりました。

2階のエアコン代が節約できる

太陽光発電を導入する意外なメリットについて紹介すると、2階のエアコン代を削減することが可能なのです。それは、屋根の上に太陽光発電パネルを設置しているからです。太陽光発電パネルのおかげで屋根に直接日が当たらず、2階が涼しくなるという効果が得られます。一般的なデーターによると、夏の家庭の消費電力の53%はエアコンによるものですので、エアコン代を節約できれば大きな節電効果が得られます。トータル的に見て太陽光発電はお財布に優しいシステムと言えます。

太陽光発電の価格は、パネルの価格や枚数による設置費用から地方自治体の補助金を差し引いたものが実際の価格です。