EC物流を活用することのメリットはどういうものか?

物流を委託することのメリット

ECサイトを営む以上は、物流に関する業務は避けられないものです。EC物流を利用して物流業務を委託することは、社内で余分な人材を雇用する必要もなく、受注した商品をスピーディに発送できる体制を構築することを可能にします。小規模な通販事業の場合には、倉庫を確保する予算を捻出する余裕もないでしょう。繁忙期の到来や、ヒット商品が出た場合など、受注量が急激に増加した際でも、EC物流を活用すれば対応に戸惑うこともなくなるのです。

通販商品を出荷する場合は、送り先によっては、ギフトラッピングが必要になるケースもあるものです。EC物流を代行する会社の多くでは、贈呈用の包装にも対応しています。

物流代行を選ぶ際のポイント

EC物流を選ぶ際にも、いくつか注意すべきポイントがあります。取引の際に発生する料金は、どの通販事業者でもポイントになるでしょう。ロット単位に発送量を増減できれば、受注状況が不安定な場合でも、柔軟な対応が可能になるものです。発送業務を外部に委託する際には、保管場所が近くにあることもポイントです。発送する商品が保管されている状況や、返品されて来た場合の確認を含め、近隣に倉庫があったほうが良いからです。

商品にあった保管体制が構築されているかも、代行会社を選ぶ際のポイントです。洋服などアパレル製品を管理する際には、倉庫に積むのではなく、ハンガーに掛けるなどの対応を取ることも必要だからです。自社で扱う商材に適した管理方法が採用されているかを見極めるのも、代行を委託する際には大切になります。

EC物流とはインターネットを利用した商品の売買に伴う、商品の保管や梱包、発送などの物流サービスのことです。