タイムレコーダーをうまく活用したい!メリットやデメリットは?

タイムレコーダーアプリってどんなもの?

タイムレコーダーアプリとは、タイムカードのような役割を果たしているアプリです。会社などに導入されているタイムカードと比較すると、より手軽に勤怠管理を行うことができると注目を集めています。タイムレコーダーアプリは簡単にダウンロードすることが可能です。ダウンロードされた専用のアプリを活用して、シフト管理なども簡単にできるようになります。自分で休暇の管理や出退勤時間の打刻を行うことできるため非常に便利です。会社に設置してあるタイムカードで管理している場合、退勤の打刻を忘れてしまうと戻らなくてはならないということもありますが、アプリの場合はスマホから簡単に操作ができるでしょう。万が一打刻を忘れている場合は、スマホに連絡が来るため安心です。

アプリのメリットやデメリットは?

タイムレコーダーアプリには、タイムカードの管理に関わる人件費を削減することができるという最大のメリットがあります。タイムカードは、毎月従業員分全てを集計しなければなりません。集計したものを管理するのは大変な仕事であり、人件費がかかります。その点、タイムレコーダーアプリを導入すればその作業時間を削ることができるため、会社にとってもメリットが大きいと言えるでしょう。一方でデメリットもあります。タイムレコーダーアプリを導入したにもかかわらず、十分な活用ができないということもあるようです。無料で導入できるというわけではないため、あらかじめアプリの活用法についてしっかりと確認しておくことが大切であると言えます。

タイムレコーダーを利用すれば従業員の勤怠管理を行えます。残業時間や休日出勤など細かな部分も対応できるタイプもあるので、用途によって選びましょう。