屋外のレンタル倉庫のメリットとデメリットを紹介

大型の荷物の搬入に便利

屋外のレンタル倉庫の場合、大型の倉庫が充実していることから、サイズの大きな家具や数の多い荷物などをしまっておくのに便利です。また、屋外の大型のレンタル倉庫の場合、そのほとんどが郊外に設置されています。スペースが十分に確保されていることから、車を倉庫に横付けしたまま搬入や搬出をすることができるため、かなり使い勝手は良いです。また、屋内型のトランクルームに比べるとかなりレンタル料が安く、気軽に借りることができます。

長く保管をしておくことができる

屋外の貸倉庫は、長期の保管に向いています。月額あたりの利用料がそれほど高くないため、長期間に渡って不要なものなどを保管することができます。例えば、長期で海外へ転勤する場合、家財道具などの保管に適しています。また、最近では商業目的てレンタル倉庫を利用する人が増えていて、商品の在庫を保管したりする目的の利用が増えています。このように、屋外のレンタル倉庫は多目的かつ長期間の保管に向いているのです。

保管物の品質の保持には向かない

ただ、屋外のレンタル倉庫のデメリットを一つ挙げるとすれば、空調設備が付いていない点です。そのため、直射日光を受けたり外気の温度や湿度による影響を受けやすいです。このような理由から、屋外のレンタル倉庫は貴重品やデリケートなものの保管にはあまり適していません。実際、屋外のレンタル倉庫にしまっておいた荷物にカビが生えてしまったり、乾燥して劣化するケースがみられます。よって、大切なものは屋内型のトランクルームの利用を勧めます。

物流というワードには「物を運ぶ」というイメージが強いですが、「物を保管する」ことも定義に含まれます。